ティファニー と ナイキ による初のコラボコレクションの発売情報が解禁

両者によるコラボモデル Air Force 1 “1837”と限定スターリングシルバーコレクションを展開

ティファニー × ナイキ コラボスニーカー Air Force 1 “1837”

先日両ブランドの公式SNSを通して予告されていた〈Tiffany & Co.(ティファニー)〉と〈Nike(ナイキ)〉による初のコラボコレクション “Legendary Pair”の全貌が、ついに解禁となった。

“Legendary Pair”コレクションでは、両者によるコラボフットウェア Air Force 1 “1837”と、スターリングシルバーの限定アクセサリーコレクションを展開する。まずAir Force 1 “1837”は、AF1の誕生40周年を記念して製作されたスペシャルな1足。モデル名の“1837”は〈Tiffany & Co.〉の創業年から名付けられている。アッパーにはブラックのプレミアムスエードを採用し、“ティファニーブルー”のスウッシュ、シュータンの“Tiffany”の刺繍に加え、ヒールに配されたシルバープレートといったコラボレーションならではのディテールが大きな特徴だ。サイズはUS3.5Mから18Mまで展開され、価格は400ドル。限定アクセサリーコレクションでは、スターリングシルバー製のホイッスルやシューホーン、シューブラシ、デュブレがラインアップ。それぞれのアイテムには両ブランドのロゴが刻印されており、価格帯は250〜475ドルとなる。

〈Tiffany & Co.〉x〈Nike〉“Legendary Pair”コレクションは、3月7日(現地時間)より販売予定。Air Force 1 “1837”は、米ニューヨークの『The Tiffany Flagship Next Door』『Tiffany & Co. SoHo』の2店舗に加え、北米の一部の〈Nike〉取扱店、『SNKRS』にて展開される。限定アクセサリーコレクションは、〈Tiffany & Co.〉のアメリカ版公式オンラインストアを通して販売されるとのこと。それぞれの日本国内での展開については本稿執筆時点では明らかになっていないため、今後のアップデートを待とう。

 

【関連記事】:ハイブランド コラボ

hacopy編集部が選ぶ2022年のベストバイ

古着のスニーカー コピー、話題のコラボまで

超人気 お洒落に♪スピリドン stussy 偽物 ステューシー ナイキ スニーカー コラボ エアズーム ケージド2 スピリドン スーパーコピー

StussyとNIKEの待望のコラボスニーカーが発売されました! Travis Scott ・ トラビススコット や森星さんなども着用している既に大人気のアイテムです。

STUSSY(ステューシー)は、1980年にSHAWN STUSSY(ショーン・ステューシー)が自身が書いたグラフィティをプリントしたTシャツを数枚制作したしたことから始まったストリートブランド。スケーターやDJ、ヒップホップミュージシャンなどを筆頭に徐々に人気が加速し、現在では最も有名なストリートブランドへと成長しています。

ナイキから1997年に発表されたAir Zoom Spiridon(エアズームスピリドン)をアップデートしたAir Zoom Spiridon Caged 2、Stussyのロゴをあしらった、ダッドスニーカー寄りのシルエットです。

今年の秋に発売された〈BYREDO(バイレード)〉のリキッドリップスティック ヴァイナルは、発売日の週末にお店に買いに行ったけど既に完売していて、再入荷待ちをしてやっとゲットできた思い出の1点。リップグロスだけでなく、アイグロスとしても使える無色透明のこちらの“ファントム”はテクスチャーを思う存分楽しめて、使うたびにフェイスにも心にも潤いを注いでくれます。伝統的なクラフトマンシップと上質な原料にこだわりぬいたブランドの美学はデザインにも反映されていて、毎度毎度コスメの概念を覆してくれる〈BYREDO〉の新作を来年も心待ちにしています。

〈STÜSSY(ステューシー)〉&〈Converse(コンバース)〉のChuck 70 Hi “Surfman”。アッパーの外側にはホワイトの〈STÜSSY〉のスターマーク、シュータンタグにはショーンフォントを用いた“ALL STAR”を、シュータン裏には〈STÜSSY〉のシグネチャーロゴがあしらわれた一足はベーシックながらも完璧なデザイン。。普段あまり黒のスニーカーを履かないのですが、従来のキャンバス生地に代わってヘンプ素材を採用されているので足元の印象も重くなりすぎず、尚且つ軽くてとっても歩きやすいので今年度の相棒スニーカーでした。

ニュースでもたびたび紹介している〈Brain Dead(ブレイン デッド)〉x〈OAKLEY(オークリー)〉によるコラボFlashから、11月に発売されたばかりの新色モデルをゲット。〈OAKLEY〉が2000年代に誕生させたレトロフューチャーなシルエットと、〈Brain Dead〉らしい絶妙なカラーパレットに心揺さぶられたのはもちろん、一度着用してみたら分かる驚くべき履きやすさにもかなり惹かれました。現状、このフットウェアが醸し出す“テック感”にフィットするボトムスを持っていないので、是非とも合わせて購入したいところです。

毎年、どれを手にするか迷ってしまうアウターウェア。2022年は勇気を出して数点購入しましたが、そんな中でも〈COMFORTABLE REASON(コンフォータブルリーズン)〉のボンバージャケットが特にお気に入り。ボリュームのあるトップスを着ても膨れないゆったりとしたサイズ感や、スマートなのに収納力抜群な2WAY仕様のポケット、冷たい風を通さないキルティングの裏地など、冬の悩みを解決してくれるディテールが詰め込まれている上、滑らかで肌触りの良いメルトン生地のクラシックさに着るたびグッときます。

年の始まりに購入した沢木耕太郎のエッセイ『バーボン・ストリート』『チェーン・スモーキング』は、2022年中に何度も読み返した2冊のため選出。どちらの作品も一編一編が短くサクッと読めるし、沢木氏の話の膨らませ方がとても面白いので、よくコーヒー休憩のお供として楽しみました。今年の年末は、最近入手した「Beats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)」とKim Kardashian(キム・カーダシアン)によるコラボBeats Fit Proでインストか何かを聴きながら、もう一度読み返して1年を振り返るのもありかな。

Posted in

1987年の Nike の広告ポスターからインスパイアされた Air Jordan 2 Low の新作が登場か

インソールにあしらわれた“Look, up in the Air”のテキストが印象的

斬新デザイン★ナイキAIR JORDAN 2 RETRO “doernbecher”★Green

カラー:グリーン
Style No:318304-071
凄い”エアジョーダン2(AIR JORDAN 2)”が登場です!いままでに見たことのない艶やかで芸術的なパターンをアッパーに採用した一足。サイドパネルには、豪華なリザード柄の型押しパテントレザーを使いコーティング。まさに独創的で、通常のエアジョーダンとは異なる、フレッシュな印象を与えてくれるデザインとなっています。今回のスニーカーは、毎シーズン定期的に行われる”DOERNBECHER CHARITY(小児科病院設立基金チャリティー)”企画でリリースされた一足。海外でも極少数しかリリースされず、入手困難ともいわれている貴重なアイテムです。

昨年から今年にかけて、さまざまなカラーをリリースし話題を呼んだ〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉のAir Jordan 2から、1987年の〈Nike(ナイキ)〉広告キャンペーン “Look, up in the Air”のポスターからインスパイアされた新作のローカットが登場するようだ。

ホワイトのレザーアッパーにグレースエードのオーバーレイを組み合わせてシンプルに仕上げつつ、ライナーのスカイブルーやオーバーレイに沿ったラベンダーとピンクのグラデーションラインをプラスすることで遊び心あるデザインに。また、インソールには夕焼け空と街並みを彷彿とさせるグラフィックの上に、大胆に“Look, up in the Air”とホワイトテキストがプリントされている。

Air Jordan 2 Low “Look, up in the Air”は、2023年6月22日(現地時間)に『SNKRS』などでリリース、価格は150ドルの見込みとなる。

Posted in

Drake が手掛ける OVO x Air Jordan 1 の新作コラボモデルをチェック

ゴールドに光り輝く限定シューズをチェック

【大人気】ナイキ エアージョーダン スニーカー コピー ナイキAIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG “UNC” 555088117

ナイキ エアジョーダン1 レトロ
型番:555088-117
カラー WHITE/DARK POWDER BLUE

オリジナルは1985年4月にUS定価$65で発売されました。デザインはPeter Moore氏で、3本線で三角形のアディダスのパフォーマンスロゴをデザインした人物としても有名です。ウィングマークはPeter Moore氏が飛行機での移動中に見た、アメリカ空軍のパイロットウイングのレプリカにインスピレーションを受けてデザインされています。当時日本では赤×黒、赤×白×黒、白×灰、青×白、白×青メタリックが発売されました。
1985年の発売以来初めての復刻となったこちらのカラーは通称「UNC」。当時は日本未発売でアメリカ国内のみの展開でした。マイケル・ジョーダンの母校である「University of North Carolina(ノースカロライナ大学)」のチームカラーであるブルーとホワイトを落とし込んだ1足です。

長年に渡り友好的な関係を維持しているDrake(ドレイク)が手掛ける〈OVO(October’s Very Own、オクトーバーズ ベリー オウン)〉と〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉。この度、新たにゴールドカラーを纏ったAir Jordan 8のビジュアルが、米シカゴのスニーカーブティック『ENGLISH SOLE』の『Instagram』にて公開された。

本モデルは、2020年2月にリーク画像が浮上した両者のコラボモデル Air Jordan 11と同様のゴールドのホイルアッパーを採用した、まさに“ブリンブリン”な1足。シュータンにはJumpmanロゴが刺繍されており、シューレースやヒールのスエードに用いた明るいイエローがアクセントとなった華やかなデザインに仕上がっている。

〈OVO〉x〈Jordan Brand〉Air Jordan 1は、残念ながら現時点で一般販売の見込みはない模様。せめてそのディテールだけでも、上記のフォトギャラリーからチェックしておこう。

Nike と adidas が30〜40%の減産を計画中

フットウェア業界は“激動の時代”に向けて準備を開始

n級品 おすすめサイト◆ジョーダン トラビス 偽物ナイキ Jordan 1 Retro High Cactus Jack Travis Scott CD4487-100【スーパーコピー】

ラッパーのトラヴィス・スコットとエアジョーダンのコラボシューズ!
“逆スウォッシュ・マーク”が特徴の1足です。

2019年2月10日にゲリラリリースされた一足!
トラヴィス・スコットがグラミー賞授賞式でJames Blake(ジェイムス・ブレイク)、Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)とパフォーマンスを行なっている最中にNIKEの『SNKRS』アプリにてアメリカでゲリラリリースされた。
リバーススウッシュロゴが特徴的なモデルとなっており、トラヴィスが Instagramのストーリーズにて公開しSNS上でも大きな注目を集めている。

この商品の技術は、足とシューズの一体感を高めることを可能にしました。
履きごごちがよく、毎日履きたくなる商品でございます。
大人気商品になっておりますので、とてもオススメです^^

【アディダス】激レア ☆ 入手困難 超限定 Yeezy 500

世界中のストリートで支持を集めるアーティストの”KANYE WEST(カニエ・ウェスト)”が”ADIDAS ORIGINALS(アディダス オリジナルス)”とタッグを組んで展開している”YEEZY(イージー)”シリーズ。時代のスニーカートレンドをリード、新感覚のデザインで全世界のファッショニスタを魅了してきた。その中でも”DAD SHOES(ダッドシューズ)”のトレンドの流れをいち早くから取り入れ、ファッションシーンへ送り出した”YEEZY 500(イージー500)”、かねてから噂されていた新色がリリースへ。独創的なソールの形状は、1999年にのコービー・ブライアントのシグネチャーモデル”EQT KB8 3″から踏襲。ボリューム感があるレイヤリングは、楕円形にカットしたパーツを重ねあげ、牛革のスエード、高品質なレザーとメッシュで構築。ヴィジュアル面とともに機能面でも高いインパクトを放つ。最新カラーは、アウトソールのみ淡いピンクを組み合わせ、ニュートラルなカラーで素材の風合いを楽しめるように仕立てられた。

フットウェア業界を代表する2大ブランドである〈Nike(ナイキ)〉と〈adidas(アディダス)〉が、来年から大幅に製品の減産を計画していることが明らかになった。

韓国メディアのレポートによると、両ブランドは2023年夏からシューズのオーダー量を現在より30〜40%減らすと製造会社に通告している模様。業界関係者は、この傾向は2023年冬頃まで製品の生産に影響すると指摘しており、つまり2024年夏シーズンまでの生産量が大幅に減少する可能性高いようだ。

この減産の主な理由は、ブランドの主要市場である中国での新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によるさまざまな影響に加え、ロシアでの小売拠点の撤退が続いていることだという。また、北米や欧州の市場では今年は売り上げが伸びたものの、来年には大幅な落ち込みが予想されていることも原因だとされている。さらに、両ブランドの製品の生産を担っているベトナムやインドネシアの工場では、以前まで平均稼働率が82~84%だったが、最近は61%まで低下しており、ここにも大きな支障が生じている。

今回の〈Nike〉と〈adidas〉以外にも、大手フットウェアブランドも製品の減産を実施すると思われるため、続報が入り次第お伝えしたい。

Nike Air Kukini からペンキを散らしたような新色 “Spiridon Cage” が登場

ブラックを基調としたアッパーにマルチカラーのスプラッターペイントが施されたポップな1足

超入手困難 激レア!スピリドン stussy 偽物☆Stussy×NIKEAir Kukini Spiridon Cage 2 選べる2色

■サイズ:24〜33㎝
■カラー:ブラック/ホワイト
■品番::CJ9918-001
■新品、箱有り

ストリートブランド「STUSSY」とNikeが再びタッグを組み、いつでもどこでも履ける、リラックスした印象のシルエットスニーカーが誕生しました。
2022年に復刻された「AIR ZOOM SPIRIDON CAGED」をベースに、2000年に登場した「AIR KUKINI」のラバーパーツを取り付けた「AIR ZM SPIRIDON Kukini(KK)」。
2つのブランドが生み出した現代的な定番の一足は、ダグラスファーからヤシの木のディテールにいたるまで、シューズ全体で想像力をかき立て、前向きな気持ちを与えてくれます。コラボレーションの第2章となる今回は、最新のエア ズーム クキニを足を滑らせるだけで着脱できるデザインにしています。
メッシュアッパーに樹脂のようなケージを張り巡らせ、エア ズーム スピリドンとエア クキニという2つの人気ランニングシューズの要素をStussyの特徴的なデザインと組み合わせました。ひと目でそれとわかる形状のZoom Airバッグをコントラストの効いたヒールケージで囲み、シュータンとソールにはStussyのワードマークを配置。カジュアルなスタイルと高機能性を両立したモデルです。

〈Nike〉Air Kukiniの新色 “Paint Splatter”の国内発売日が決定。本モデルは、11月30日(水)9:00より『SNKRS』などで販売予定。価格は、16,500円(税込)となる。

今年待望の復活を果たした〈Nike(ナイキ)〉の名作スニーカー Air Kukini(エア クキニ)から、新色モデル “Paint Splatter”が発売を控えているようだ。

1999年春、〈Nike〉は当時の最先端のテクノロジーとそれに見合った最高のデザインを兼ね備えた新たなシューズを開発する“Alpha Project(アルファ プロジェクト)”を本格的に始動。本プロジェクトの一環として2000年にデビューしたAir Kukiniは、シューズデザイナー Sean McDowell(シーン・マクダウェル)の手掛けたスパイダー状のTPUケージを張り巡らせた斬新なデザインと快適な着用感によって、2000年代初頭の“第2次ハイテクスニーカーブーム”を牽引したモデル。昨今のY2K(Year 2000)スタイルのリバイバルを受けて復刻を果たした同モデルは、次々と新たなカラーバリエーションが発表されている。

今回登場する新色 “Paint Splatter”は、ブラックを基調としたアッパーにペンキを散らしたようなスプラッターペイントがマルチカラーで施されており、シンプルなアレンジながらも斬新なデザインに。どこか懐かしくも新鮮な佇まいのモデルは、マストで手に入れておきたい1足に仕上がっている。

Air Kukini “Paint Splatter”は、今後数カ月以内のリリースが見込まれる。まずは上のフォトギャラリーでそのディテールをチェックし、オフィシャルのアナウンスを待っていよう。